1. トップ
  2. お料理について

お料理について

★温かいものは、温かいままで★

津和野で古くから伝わる調理方法に田舎の味をアレンジし、中には薬膳なども取り入れたヘルシーなお料理です。

美味しいものを、美味しいときに。そして「わたや」らしく。

  • 夕食一例


    わた屋の想いをお召し上がり下さい

    島根県南西部、南北に伸びる津和野の町は中心に津和野川が貫き、東にはまぁるい青野山、西には津和野城が築かれた城山が聳えるまるでお椀の底のような盆地です。

    町の歴史は古く・・・1282年鎌倉幕府の御家人・吉見頼行の入国から始まり、その後明治の啓蒙思想家・西周、歴史的文豪・森鴎外などほか数々の偉人を育んだ城下町でございます。

    「つわぶきの野原」…に由来する津和野の町並みはその名のとおり清楚で高雅な風情の町で、どこか懐かしいような風情もたくさん残っていて観光地というより、日本の原風景がここ津和野にはございます。

    昔は「七浦(益田・飯浦・萩・江崎・須佐・宇多郷・奈古)めぐって魚がなけりゃ、銭金もって津和野にござれ」とうたわれたように、浦里よりもこんな山里に高級魚も珍魚もあったということで、城下の人々の舌は肥え、奢っていたようです。そんな古い歴史と文化の中から生まれ受け継がれた品々は城下の食通たちによって洗練された馳走がある一方、一見山里の素朴な品に見えますがどの品をとってもうんちくが語られるような誇り高い人々の気風を映した品々です。

    そんな津和野のわた屋で食するおもてなし料理は、古くから津和野に伝わる郷土料理は歴史の息吹を感じて….また青野山の湧き水を使ってつくるお豆腐料理は季節の山菜と共に四季折々の息吹を感じながら…お召し上がり下さい。津和野らしく、そしてわた屋らしくをモットーにここでしか味わうことのできないお料理を・・・お楽しみ頂けるように季節替わりのお献立となります。

    どうぞ・・・多くの偉人たちの食育に想いを馳せ…贅沢だけれど決してひけらかすことのない奥ゆかしさから生まれた津和野の歴史と風土を味わって頂ければ幸いに存じます。  
  • 和牛ステーキ

  • 肉づくしプラン

  • わた屋の想い

    島根県南西部、南北に伸びる津和野の町は中心に津和野川が貫き、東にはまぁるい青野山、西には津和野城が築かれた城山が聳えるまるでお椀の底のような盆地です。

    町の歴史は古く・・・1282年鎌倉幕府の御家人・吉見頼行の入国から始まり、その後明治の啓蒙思想家・西周、歴史的文豪・森鴎外などほか数々の偉人を育んだ城下町でございます。

    「つわぶきの野原」…に由来する津和野の町並みはその名のとおり清楚で高雅な風情の町で、どこか懐かしいような風情もたくさん残っていて観光地というより、日本の原風景がここ津和野にはございます。

    昔は「七浦(益田・飯浦・萩・江崎・須佐・宇多郷・奈古)めぐって魚がなけりゃ、銭金もって津和野にござれ」とうたわれたように、浦里よりもこんな山里に高級魚も珍魚もあったということで、城下の人々の舌は肥え、奢っていたようです。そんな古い歴史と文化の中から生まれ受け継がれた品々は城下の食通たちによって洗練された馳走がある一方、一見山里の素朴な品に見えますがどの品をとってもうんちくが語られるような誇り高い人々の気風を映した品々です。

    そんな津和野のわた屋で食するおもてなし料理は、古くから津和野に伝わる郷土料理は歴史の息吹を感じて….また青野山の湧き水を使ってつくるお豆腐料理は季節の山菜と共に四季折々の息吹を感じながら…お召し上がり下さい。津和野らしく、そしてわた屋らしくをモットーにここでしか味わうことのできないお料理を・・・お楽しみ頂けるように季節替わりのお献立となります。

    どうぞ・・・多くの偉人たちの食育に想いを馳せ…贅沢だけれど決してひけらかすことのない奥ゆかしさから生まれた津和野の歴史と風土を味わって頂ければ幸いに存じます。              わた屋・料理長